クレペリン検査のテスト対策と練習方法

クレペリン検査を突破するための正攻法

クレペリン検査は非常に単純なテストですが、実はこの適性検査は就職活動において非常に重要視される傾向があります。

 

楽天ブックスでも、このような本があります。
⇒ 就職適性試験内田クレペリン検査完全理解マニュアル 最新版

 

クレペリン検査とはこのような数字がぎっしりと書かれた用紙を使います。

そしてその数字を左上から順番に見ていき、数字と数字を足していくだけという非常に単純なものです。


しかし、特に近年では、このテストの出来具合で合否が決まってしまう傾向が強くなってきてきます。しかもクレペリン検査を実施する企業というのはたいていの場合大企業です。大企業から内定を得たければ、クレペリン検査を避けては通れません。


そこでここでは『理想曲線』と呼ばれる検査結果、つまり企業の欲しがる人材に“見せる”ためのクレペリン検査の極秘情報を公開したいと思います。少々の練習が必要ですが、誰にでも出来るものですのでぜひとも本番でやってみて下さい。面接時の人事の対応が全く変わってくるとまで言われています。


こちらがクレペリン検査の練習用紙となります。こちらからダウンロードしてお使いください。



そしてこちらが理想曲線とその解説です。検査結果がこのような曲線になるよう本番までに練習をしてみて下さい。

クレペリン,検査,練習

⇒ クレペリン判定結果見本はこちら



間違った解釈の多いクレペリン検査

さて、上記のような理想曲線を本番で描ければあなたの勝ちでしょう。でも、当然のことながら就職活動の一番の難関は面接試験です。
私も学生さんから人気のある、世間一般では大企業と言われる会社の人事をやっておりますが、いくらクレペリン検査の結果が良くても面接で残念な結果になってしまう人が非常に多くいます。

良いでしょうか?いくら最近は適性検査の内容も重視されると言っても、やはり最後は面接で決まってしまいます。しかし面接というのは実はどんな難関のものでも突破することが出来る極意があるのです。

そこで、ちょっとこちらのページを見て下さい。
一見すると怪しいページですが、実は私、この教材の中身を知っています。
ちょうど私が人事になる前に、(人事としての面接の)研究のためにたくさんの就職活動本を読んでいた時期に手にしたものです。

実際に買っている人もいるようですね
⇒ 知らないから落ちる面接の4点減点法の口コミ評価※実際に購入してみました。


さて、この教材に関しては正直、私もやられた!と思いました。面接の極意が全て書かれていたからです。

あまり大きな声では言えませんが、実は大企業から内定を取っている人間は、こういう就職活動ビジネスの本質の部分、もっと言えば、企業の人事が絶対に明かしたくない部分の情報に適切な投資をしている人だと言えます。

クレペリン検査とは

まず最初に、クレペリン検査とは、性格検査の方法のひとつです。
クレペリン検査は作業検査法の代表として、多くの企業や官庁や学校などで利用されています。
内田クレペリン検査とは、ドイツの精神医学者エミール・クレペンが行った研究理論を基に、内田勇三郎がさらに研究を重ねて、作業検査として確立させたものです。
その2人の名前をとって、内田クレペリン検査と名づけられました。
クレペリン検査の方法とは、検査用紙に並んでいる一桁の数字を左端から順番に足し算としていきます。
1分たったところで2段目にうつり、また1分たったら3段目に移るといった方法で、計算をしていく作業を行います。

 

そして、クレペリン検査は前半15分、休憩を5分挟んで、後半15分行います。
クレペリン検査終了後に、各行の最後に計算された数字を15こずつ線で結びます。
たいていのひとは、大体同じような曲線を描くことがわかりました。これを、クレペリン検査の「作業曲線」と呼びます。
このクレペリン検査によってでた作業曲線を調べた結果、その人の性格の違いによって、描かれる作業曲線に様々な特徴を見ることができ、その特徴と性格の特徴とが結びつくことがわかりました。

エミールクレペリン=クレペリン検査を提唱した医学者

クレペリンとは、ドイツの精神医学者の、エミールクレペリンのことです。クレペリンは、精神病を現在の統合失調症と躁鬱病に分類しました。そして、近代精神医学の基礎を築いたのはクレペリンだと言ってもいいでしょう。
また、クレペリンの作業曲線に関する研究は、のちに日本の内田雄三郎による、「内田クレペリン精神検査」、クレペリン検査の原型となりました。
作業曲線とは、単純な作業を続けて行ったときに、時間の経過に応じて作業量が増えたり減ったりすることをいいます。
この作業量は、個人によって大きな差があることとや、
この個人差が精神的・心理的特長と深く関係があることをクレペリンは発見しました。
クレペリンの直弟子には、アロイス・アルツハイマーやフレデリック・レビなどがいます。
クレペリンの弟子である、アルツハイマーは、「アルツハイマー型認知症」として知られている疾患を初めて報告しました。
さらに、その病理像を研究したことで多くの人に知られています。

内田クレペリンの精神検査

ドイツの精神医学者クレペリンの作業曲線のアイデアと基にして、「内田クレペリン精神検査」を開発したのが、日本の心理学者である内田勇三郎です。そして、内田勇三郎がこのクレペリン検査を育て、普及させ、日本・精神技術研究所を創設しました。日本・精神技術研究所は、内田クレペリン精神検査の販売と、クレペリン検査の実施、クレペリン検査の判定を中心に、心理関連業務を幅広く行っています。
1966年に、内田勇三郎が死去した後、長男である内田純平が経営を引き継いでいます。
内田勇三郎が開発した、内田クレペリン検査は、人間の基にある「心の個別性」を把握する上で、きわめて意味の或る情報を提供してくれる心理検査であると言ってもいいでしょう。内田勇三郎は、この「心の個別性」が社会の中で豊かに成長していって欲しいと願っていました。今、日本だけではなく世界においてこのクレペリン心理検査によって、その人の持っている「心の個別性」認識することは、学校や組織の中の指導者にとって大切なことではないかと思います。

 

クレペリン検査とテスト対策の練習エントリー