食道がんの症状とその治療法

【無料】保険相談なら、保険マンモス!

食道がんでの生存率

食道がんは上皮に出来るがんであると言われていて、50歳から60歳の年齢で多く、10対1の割合で男性に発症しやすいと言われています。
食道がんの生存率について皆さんは気になるのではないでしょうか。

 

 

 

どんな病気でも、やはり病気は【死】にもつながるイメージがありますので、生存率は気になります。そこで生存率についてちょっと調べてみました。
食道がんにかかった方の生存率ですが、残念なことに【5年以上の生存率は5%】と少ないものになっています。
食道がんにかかって1年以内の死亡率はとても高い病気なのです。
食道がんにかかると何故こんなにも生存率が悪いのでしょうか?答えは単純なものでした。
食道がんは、やはり【ガン】と付くだけあって悪性のものですし、特に食道がんは早期発見が難しいのです。
食道がんが見つかった人の殆どが、中期以降の症状で発見されています。初期症状では殆どの人が見落として気がつかない病気なのです。
そのために、生存率が悪くなっている状態で発見されてしまうということになるのです。
食道がんの生存率として低い確率を述べましたが、症状の進行具合によっては、5年以上の生存率にも変動があるようです。
食道がんだからと、人生を捨ててしまうような落胆を起こさずに、少しでも自分の生存率を上げるために治療に専念するのが良いと思います。

藤田まことさんと食道がん

藤田まことさん(75)が食道がんを発症したのはご存知でしょうか?
藤田まことさんと言えばTVドラマ「必殺仕事人」などでも有名な俳優さんで、TVに出なくなると寂しさすら覚えます。
藤田まことさんが食道がんであるとわかったのは、2月頃の体調の違和感からだったそうです。
藤田まことさんは2月に「喉の調子がおかしい、食事が喉を通りにくい」ともらしていたそうです。
仕事が一段楽した翌3月に検査を受け、翌月の4月に、担当した医者から「腫瘍が見つかった」と言われたそうです。
藤田まことさんは、今年6月に東京明治座で「剣客商売」の公演を控えていましたが、食道がんであると告げられたために降板が決まったそうです。
藤田まことさんは食道がんであるとわかっても6月の公演には出演するとしていましたが、担当医者での勧めで、食道がんの治療に専念することを決めたそうです。
食道がんの治療は放射線と投薬で行い、食道がんの治療結果次第で手術するかどうかの判断をするそうです。
藤田まことさんの食道がんは、手術を受ければ早期に退院ができ、1ヶ月もあれば復帰できるようになるそうです。
藤田まことさんは現在食道がん治療で大阪の病院に入院しているそうで、夏には完全復帰を目指しているそうです。

がんでの死亡率

日本人の3人に1人はがんで死亡しているといわれるくらい、日本人の死亡率として
多い病気です。

 

その中でもとくに、食道がんというのはやっかいながんの1つです。
手術する際にも食道に最新の注意が払われなくてはいけません。

 

なので、食道がんでの死亡率を減らすために、今自分が出切ることを精一杯やっておきましょう。
当サイトでは、食道がんの初期症状から詳しく解説し、その治療方法まで述べていきます。