内視鏡手術で完治する食道がん

【無料】保険相談なら、保険マンモス!

内視鏡手術と食道がん

食道がんは早期発見が大切です。
食道がんを早期発見するために主に用いられている検査方法の一つとして、内視鏡を使ったものがあります。

 

食道がんの内視鏡治療法と言っても、いくつかの種類があるようです。
食道がん内視鏡として一般的に行われている治療法は・・・異常がある部分の粘膜を内視鏡によって切除するというものです。

 

食道がんで内視鏡治療を行うメリットとして、
内視鏡治療は、開腹手術に比べると、患者さんにかかる負担が少なくてすむということではないでしょうか。

 

開腹手術と内視鏡術を比べると、開腹手術よりも内視鏡術の方が切除部分が少なくて済みますし、痛み・出血も最小限に抑えることが出来るのです。

 

食道がんの治療で内視鏡を使用することは、早期発見率を上げると共に、回復力の速さなどもあり近年注目を集めているそうです。

 

食道がんの内視鏡治療でも必ずしも安全であるとは言いがたいものです。
内視鏡治療にも少なからず出血などのリスクは伴ってきます。内視鏡を慎重に操作する能力が求められるのです。

 

食道がんの有効な治療法、内視鏡治療。メリット・デメリットについて担当医と話し合い、納得の上で治療するのが良いと言えます。