食道がんの原因と検査方法

【無料】保険相談なら、保険マンモス!

食道がんの原因

 

食道がんになる原因とは一体どのようなものが原因となっているのかご存知でしょうか?
食道がんになる人の多くは5対1の割合で男性が多いそうです。

 

食道がんになる男性は年々増えつづけているようですが、逆に女性は年々減っているとも言われています。男性が食道がんになる原因はよくわかっていません。
食道がんの原因として、次に挙げられる原因・・・お酒やタバコです。
食道がんの原因として飲酒・喫煙がでましたが、他にも、熱い食べ物や冷たい食べ物、辛い食べ物や必要以上に焦げている肉や魚の摂取などが原因であるとも言われています。
食道がんを未然に防ぐ為に、今まで挙げたものの過剰摂取を控えれば、食道がんになる確立は低くなるのでしょうか?
原因はこれらが全てではないと言うことを理解していただければと思います。
食道がんになった人でも、飲酒・喫煙をしない人もいます。そうなると原因は当てはまっていないということになりますね。
食道がんの原因に限らず、一般的に言われる【がん家系】ということもあります。遺伝子が原因であるとされるがん家系。詳細はわかっていません。
食道がんになる要因・原因は一概に言えず、様々な状況がかさなりあって食道がんになるのでしょう。
食道がんの原因は述べた全てではないですが、ココに書いてある食道がんになる原因を考え、改善することで、食道がんになる確立を少しでも下げることができるのではないでしょうか。

食道がん検査

◆食道がんの検査
食道がんの検査方法についてご説明します。

 

食道がんは早期発見が難しい病気ですが、食道がんの検査方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
食道がんの検査方法として、一般的には次に挙げる方法での検査になるようです。
食道がん検査方法・・・内視鏡検査・CT/MRI検査・X線での食道造影検査・血液検査など様々ですが主に行われているのは次の検査になります。
食道がんの検査では主にX線と内視鏡検査が行われることが多いようです。
X線で食道がんの進行状態を確認することが可能で、内視鏡検査に関しては、食道がんの初期症状の表面的な小さながん細胞でも見るける確立が高いからだそうです。
食道がん検査で、まずX線と内視鏡による検査を行い、進行状況や転移などの状況を見て、新たな検査へと進むようです。
定期的に検査をするのがとても望ましいです。人間ドックでも良いので受けましょう。バリウムでも食道がんを調べることが出来るようです。
食道がんの疑いはあるが大袈裟にしたくない人や、X線や内視鏡検査に抵抗のある人はバリウムで調べてもらうのが良いかもしれないですね。
食道がんの症状が疑われるようなときには検査をお勧めしますが、やはり発見率の高いX線と内視鏡検査を受けるのが望ましいです。

腫瘍マーカーでの検査

◆腫瘍マーカーと食道がん

 

食道がんの検査といえば、腫瘍マーカーという言葉をご存知でしょうか?会社員などで、定期健康診断などを受ける機会がない方などは腫瘍マーカーと言う言葉を知らない人もいるのではないでしょうか。
腫瘍マーカーという言葉を聞いた・見た事がある人でもよく理解してない方は多いでしょう。
腫瘍マーカーとは、簡単に言えば体内に食道がんなどのがん細胞が存在するかどうか調べる数値ということです。
食道がんに限らず、大腸がんや肝臓がん、前立腺がんなどに異常が無いかの判断材料として用いられているものが腫瘍マーカーなのです。
腫瘍マーカーは、食道がんなどのがんが進行しているにも関わらず、正常範囲であると表示されてしまう場合などがあるようですので、腫瘍マーカーの過信は禁物なのが現状です。
食道がんの初期症状が出ていても、腫瘍マーカーが正常値だから大丈夫だろうと言う考えは捨てた方が良いでしょう。
腫瘍マーカーを正しく利用することで、食道がんなどに必要な早期発見または早期治療が可能になるのだということを忘れないでください。
食道がんを腫瘍マーカーで判断するよりも、気になる症状などが現われた場合には、近くの医者の診察を受けるようにしましょう。