食道がんの治療法と食事

【無料】保険相談なら、保険マンモス!

食道がんの治療方法

◆食道がんの治療

 

食道がんにはどのような治療法があるのでしょうか。
食道がん治療には【手術・内視鏡的粘膜切除術・化学療法・放射線化学療法・集学的治療】などがあるようです。
食道がん治療の方法を簡単に説明したいと思います。
食道がん治療手術・・・食道切開術と呼ばれるものもありますが、食道がんでの一般的な治療法です。
食道がん治療内視鏡的切除術・・・食道がんが早期の時に行われる。傷が小さく出血も少ない利点があります。
食道がん治療化学療法・・・抗がん剤での治療方法になります。
食道がん治療放射線化学治療法・・・放射線と化学療法を同時進行させる治療方法です。手術をしなくても済むと最近注目されてきています。
食道がん治療集学的治療・・・手術・内視鏡的粘膜切除術・化学療法・放射線化学療法などを組み合わせて、相乗効果を得る治療法です。
食道がんの治療として説明しましたが、食道がんの進行具合、転移の有る無し、本人の体調、回復力などを考慮して治療方針を決めていきます。
そのために、食道がんの状態次第では、手術が不可能だったりする場合もあるようです。
食道がんで治療を受ける方の40%の人が、手術を受けられない状態であることが多いそうです。
食道がんは進行の早い悪性腫瘍ですので、早期発見が大切です。

 

手術について

◆食道がんの手術
食道がんだと診断されたとしましょう、その後貴方はどのような治療をしていかなければならないのでしょうか。
食道がんの治療にもいろいろな方法があるようですが、食道がんで手術を行うケースや手術方法を簡単に説明させていただきます。

 

食道がんが早期の場合には内視鏡治療で、がん周辺の粘膜除去を行うことで殆どが治るようです。
食道がんの進行が進んでしまった場合には、食道全てを切除しなければならなくなります。
食道全てを切除した場合には、食道の代わりとして、筒状に細長くした胃をのどにつなげる手術を行います。

 

食道がんがあまりにも進行してしまい、周辺の臓器へ転移しているような場合には、手術は行いません。
食道がんが進んでしまったときの一般的な治療法は、抗がん剤治療や放射線治療となるようです。

 

食道がんの手術は、重要な臓器(心臓・肺など)に囲まれた中にあるため、とても大変な手術だと言われています。
食道がんの手術が可能である場合でも、最近では抗がん剤治療や放射線治療を選ぶ方が多くなってきているといいます。
理由は、抗がん剤治療や放射線治療をすることにより、食道を残すことが出来るからだそうです。

食道がんと抗がん剤治療

◆食道がんと抗がん剤

 

食道がんの治療法の一つとして、抗がん剤での治療があります。
食道がんの抗がん剤治療とはなんでしょうか?
抗がん剤治療とは、薬を用いてがん細胞を排除する治療方法です。
食道がんでの抗がん剤治療方法として、2種類の薬を使用(5−FUフルオロウラシル・シスプラチン)組み合わせての点滴治療になります。
食道がんにも使用出来る抗がん剤として、点滴を4〜5日にわたって行い、3〜4週間毎に2回繰り返し行います。
抗がん剤のみでの食道がん完治はきわめて稀なことのようで、放射線治療と抗がん剤の同時進行にてやっと効果が現われているようです。
食道がん治療やその他の病気でもある程度の治療として認められている抗がん剤ですが、副作用の問題も考えなくてはならないようです。
抗がん剤を使用した際の副作用には、一般的に次のような副作用があげられます。
抗がん剤により、体のだるさを感じたり、食欲不振、吐き気や嘔吐などが多いでしょう。
抗がん剤と言っても、抗がん剤の種類にはいろいろありますので、抗がん剤の種類や容量などにより症状は異なるようです。
食道がんの抗がん剤で、副作用の症状が出る人出ない人と個人差もあるようです。
抗がん剤治療には、食道がんなどのがん細胞の転移、再発を抑えてくれる効果もあるようです。

転移の危険性

食道がんはとても進行が早い病気である。

 

食道がんの進行がどのくらい早いのかは、生存率が5年で数%であるということからわかるだろう。
食道がんの生存率が何故こんなに悪いのでしょうか?それは食道がんの転移スピードがとても速いからではないでしょうか。
食道がんが進行がんになってしまうと、血液やリンパの流れにのって、様々な場所へと食道がん細胞が転移してしまうのです。
食道がん細胞の転移は、手術で取り残してしまったり、担当医が気がつかなかったりといったこともあり、なかなか厄介なものなのです。
食道がんは転移しやすいがん細胞。重要臓器に囲まれているので、甲状腺や胸膜、器官や肺、脳や肝臓や骨など、全身の広い範囲へ転移します。
食道がんの転移は重要臓器以外にも広い範囲で転移していきます。その転移のスピードも速いのです。
食道がんが転移してしまった方の予後に関しては長くはないのが現状です。進行性のがん細胞が食道以外の場所へ転移するのを防ぐためにも早期発見が重要なのです。
食道がんの転移はなるべく早く、未然に防ぐ努力をして、少しでも長く生きれるようにしたいものですね。

食道がんの予後

食道がんは50歳〜60歳位の、5:1の割合で男性がかかりやすい病気と言われています。
食道がんの予後について述べたいと思いますが、その前に、どうして予後を向かえるようになってしまうのか、簡単に説明致します。
食道がんは先ほども述べたように男性に多い病気で、食道がんの発見も初期の状態ですと殆ど症状が無いために見落としがちになってしまうのです。
食道がんにかかる人の中には、タバコやお酒、熱い食べ物冷たい食べ物、焦げた肉や魚を摂取している方が多く見られます。
食道がんは内視鏡検査を受けることで見つかる可能性が高いものですが、症状が無い状態では内視鏡検査などを受けるきっかけはつかめないものです。
様々なサインと逃してしまうと、進行性のものである食道がんになってしまい、あっという間に予後を迎えるようになってしまうのです。
予後とはどのようなものなのでしょうか。予後=死、死へのカウントダウンとして予後を過ごさなければならないのは辛いものです。
食道がんに限らず、病気ですので楽に死ぬことはありえません。薬によって痛みを少しは抑えることが可能ではありますが苦しいのです。
予後を迎えてしまうと、完治するための治療法は何もありません。静かに最後のときを迎える、少しでも残りの人生を有意義に生きる、悲しいですがそれが予後であると言えます。