食道がんの初期症状と末期症状

【無料】保険相談なら、保険マンモス!

食道がんの初期症状

もし、自分に食道がんかもしれないという自覚があるのでしたら、
迷うことなくまずは診断を受けることをオススメします。

 

自宅でも簡単に検査が出来る方法として、楽天ショッピングで販売されている、がんリスクチェッカーがあります。

 

⇒ がんリスクチェッカーの詳細はこちら

 

 

 

 

発症する年齢は50歳から多くなり、60歳でピークを迎えるようですが、初期症状は一体どのようなものなのでしょうか。

 

 

 

食道がんの初期症状は殆ど無いでしょう。
食道がんになる人は10対1の割合で男性が多いようです。なかでも食道がんになる人の多くは、お酒やタバコが好きな人、熱い食べ物や塩辛い食べ物が好きな人が多いです。
食道がんの初期症状は先ほども述べた通り、自覚症状がないのが多いですが、中には胸の奥がわずかにしみるような初期症状を経験する方もいます。
食物が通過する感じを自覚する方もいます。

 

食道がんの初期症状から中期へと移行すると、物を食べた時の固形物が通過困難になると共に、痛みを感じるようになるでしょう。
食道がんにも無症状食道がんが20%であると言われています。

 

食道がんの初期症状が発症して1年以内に死亡してしまう人が多い病気で、5年以上の生存率も5%と、とても死亡率の高い病気なのです。
食道がんの初期症状が殆どないので、がんが転移して初めて食道がんであるとわかる場合が多いのです。
食道がんの初期症状を早期発見するためにも、定期検診などを受けるようにしましょう。

一般的症状

食道ガンでの死亡者は総数11、000人以上となっていて、女性の5倍以上の確立で男性に多い食道ガン。
食道ガン以外のガンと含めて統計をとっても、3,4%を占めるほど多い病気です。
食道ガンは早期発見が少し難しいところがあるようです。
食道ガンの症状が出ても、その症状が食道ガンであるためにおこっているとはなかなかわからないものです。
食道ガンの症状には、胸のつかえや違和感、胸がしみる感じなどが挙げられるようですが、食道ガンになる方の多くは50歳〜60歳台の方が多いので、年のせいで喉がつかえるのかと勘違いしてしまう方もいるでしょう。
食道ガンの症状が自分に出てるとは思わないでしょうし、思いたくもないでしょう。
食道ガンの症状であるのに、そのまま放置していくと、症状も当たり前のように進行していきます。
食道ガンの症状が進行して、体重が異常に減るなどを経験してから【何かおかしい】と感じる方も出てくるでしょう。
食道ガンは重要な臓器の中に囲まれた場所にある上に、転移も早いので取り返しのつかないことになりかねません。
食道ガンに気づくのが遅く、症状が進んでしまっていてもなるべく早く病院へ行くようにしましょう。高齢に限らず、体の異変がおきた場合には見てもらうような心がけをしましょう。

食事の際にも気をつけて!

食道癌は進行の早い悪性腫瘍だというのはご存知でしょうか?
食道癌の症状は初期の段階では殆どわからないそうですが、食道癌の症状とはどのようなものなのでしょうか。
食道癌の症状として、まだ初期の段階では【食事が喉を通るときの違和感】【喉を食べ物が通過するときにヒリヒリする】【物が喉につかえる】など。
食道癌の初期の症状にも個人差があるようですが、共通しているのは、なんとなく喉に違和感を感じるというようなことのようです。
食道癌の症状として先ほど述べた症状が出ている時点で、食道癌は結構進んでいるのです。
食道癌になる人の多くは男性であると言われ、中でも【酒・タバコ】を愛用している人が多いようです。
食道癌の症状で、初期をこえてしまった場合の症状は、胸の痛みや背中の痛み、声がかすれてしまったり、咳が出たりなどの症状のほかにも、食事に支障が出るため、体重の減少もみられます。

 

食道癌の症状として注意したいのは、体重の減少ではないでしょうか。食事に支障が出て、体重が減少している状態になってしまうと、食道癌の症状がかなり進行していると言えるからです。
食道癌の症状が出たら、早めに専門医にかかることをお勧めいたします。早期発見、早期治療が必要です。

無症状から食道がんを見抜く

食道がんの症状とはどのようなものなのでしょうか。食道がん早期発見の為に、症状について少しは知識をもったほうがよいでしょう。
食道がんの症状の知識を得ておく必要性、食道がんの初期症状は無症状が多いのです。したがって、症状の無いうちに食道がんを発見できるのは稀なことになるのです。
食道がんの症状はひとによってまちまちですが、殆どの人が経験している症状とは次のようなものです。

 

食べ物を飲み込んだときに違和感がある・チクチクとした痛みを感じる・飲み込んだ食べ物がつかえる・しみるような痛みがある、などの症状が多いようです。
食道がんが進行すると、感じる痛みも強く、食事することも困難になってくる為、体重が急激に減るようです。
食道がんの症状は、最初は無痛であることが多いですが、がんの中でも転移しやすい食道がんは早期発見が肝心なようです。

 

食道がんは内視鏡検査で発見することが出来ます。
食道がんの症状がでてしまった人は余命はわずかであると言えるくらい死亡率の高い病気です。

食道がん末期について

食道がんの末期と呼ばれるものはどのようなものなのでしょうか。ハッキリ言って、末期になると治療方法などありません。
食道がんに限らず【末期】と呼ばれるのは気持ちの良いものではないですよね。【死】を宣告されているのですから。
しかし、食道がんに限らず、世の中には末期状態を迎え死の宣告をされている方は少なくないのが現状です。
食道がんでの様々な治療を施し、それらの治療が終わってしまうと、病院によっては【治療は済んだので退院してください】と、完治していなくても退院をさせられてしまうのも末期である特徴ではないでしょうか。
食道がんでの余命宣告、末期状態になると手術も手術をするのは困難な状態のようです。末期の患者は手術に耐えられる体力を持ち合わせていないのです。
食道がんの末期を迎えると、前日まで多少元気にご飯を食べたり話しをしていたのに突然昏睡状態に陥って最後を迎える方が多いようです。
食道がんで末期状態になってしまった方は残念ながらどのような治療をしても、少しだけ生きるのが長くなる気休め程度と言えるでしょう。
しかし、少しでも長生きして欲しいというのは家族の願いでもあるのです。
食道がんの末期患者に限らず、末期宣告された方は、治療うんぬんよりも、患者の精神的なサポートなどの方が大変なのではないでしょうか。
食道がんが末期であると告げるか告げないか、末期であると悟られないように接するのも大変なことなのです。

食道がんと腺がん

食道がんとは・・・食道の内側の壁は粘膜で覆われ、食べ物が食道を通りやすいように粘液を分泌していて、その粘膜表面の扁平上皮細胞から発生するのが、扁平上皮がんとなるのです。
腺がんとは・・・先ほどの食道がんとは違い、腺上皮から発生するがんです。
日本人の多くは、食道がんと呼ばれる扁平上皮がんが多いようです。逆に欧米では、腺がんの割合が半分以上を占めるほど多いそうです。
腺がんは逆流食道炎(胃液が逆流する)が原因になっていると考えられています。
食道がんとは食道の上部や中央部に最も発生するのに対して、腺がんの発生する場所は、胃の近くの食道下部とのことです。
食道がんが日本人に多く見られると述べましたが、食道がんではなく腺がんになる可能性というのは0ではありません。
腺がんになる可能性がある人の特徴の一つとして【高い生活水準の人達】に多いということも言われています。
近年の日本は欧米化してきているとも言えますので、食道がんに比べて
現在はまだ少ない確立の腺がんですが、今後日本でも患者数が増加するとされていますので、注意しなければならないようです。

気をつけるべき食事

◆食道がんと食事

 

食道がんであると気がつくのは食事の時、喉を通るときの違和感やひりひりとした痛みを感じた時などでしょう。
食道がんになりやすい人の中には、食事で熱い物や冷たい物、刺激物(辛い物)を多く摂取している方がいます。
食事として、毎日のように火鍋を食べつづけた人が37歳という若さで食道がんになったという事例もあります。
食道がんになる要素として述べた食事ですが、食道がんになってしまった後の食事にはどのようなものがあるのでしょうか。
食道がんになったからといって、完全に食事がとれなくなるという訳でも無いようです。
食道がんの転移などの影響もありますが、食事に関しては特に規制される事もないようで、食事が取れる状態の方は、わりと普通に食事をされているようです。
食道がんになり喉の痛みなどで食事を全く取れずに急激に体重が落ちてしまう方もいるようです。
食道がんと言っても、翌日に最後の時を迎えた患者の中には、前日まで、少量ではあるけれど普通にご飯を食べていたという方も少なくないようです。
食道がんで器官の切開などを受けた場合には、食事が出来るようになるまでに2週間程かかるようです。その間の食事は点滴などで栄養分を補うかたちとなります。
器官切開などを受けた場合には、手術でつないだ場所がほころびてしまうことがあり、食事がもれてしまうこともあるようです。